こぎつねコンコン

コマンタレブー😊

妖狐といえば

蔵馬一択

ヒーラーのYuka Marcusです。

Amazon.co.jp: 幽遊白書 幽白 妖狐蔵馬 蔵馬 タペストリー Webくじ 描き下ろし T5VF : おもちゃ

 

あいさんブログでも狐様について触れられていますね。

お稲荷さんのこと。〜神界のメンヘラ〜
ごきげんよう。 タロットヒーラーの中込あいです。 私は小さい頃からずっと、お稲荷さんに謎の苦手意識を持っていました。 誰に何を教わったわけでもないけれど、 「お稲荷さんには簡単な気持ちで手を合わせては...

 

この時ふと私の頭の中によぎったことがありました。

 

伏見稲荷大社的な所で祖母と母とお参りしたような…

 

子どもの頃だったのではっきり覚えたいなかったので、

母に聞いてみました。

 

私 ねえ、おばあちゃんと伏見らへんで、

 小さい小屋みたいな所で

 いつもありがとうございますって挨拶して、

 お供えしてその後お参りしてた所ってどこやった?

 

この雑な説明を母は一生懸命考えました

 

母 ああ、伏見稲荷やなあ

 

私 まじか・・・

 

祖父が農家の家系だったので、

ご先祖様が五穀豊穣を司る稲荷大社に祠を寄進してたんですね。

 

祖父は病気で倒れるまで、

毎月1日にかかさずお参りをしてました。

祖父が倒れてからは祖母が代わりに参っていたみたいです。

それに私が同行してたんですね。

 

先程の小屋は祠を管理してくださってる方のいらっしゃる場所だったんです。

 

母は続けてこう言いました。

母 他人からは狐なんか拝んでと言われたけど、主祭神は確か違ったはずや

私 へええ

調べてみると確かに狐は使いで

ウカノミタマが主祭神です。

五穀豊穣の神様。

 

ググってみると

キツネが稲荷大神のご祭神と混同されるようになったのは、平安時代以降の神仏習合により、稲荷大神が仏教の守護神、茶枳尼天(だきにてん)の垂迹(すいじゃく)とされたからです。茶枳尼天はまたの名を白晨狐菩薩(びゃくしんこぼさつ)と言い、キツネの精とされました。このことから、いつの間にか一般民衆の間で、稲荷大神のご祭神とキツネが混同して理解されてしまったわけです。
また、稲荷大神のまたの名である御饌津神(みけつがみ)の「ミケツ」が混同されて、三狐神(みけつがみ)と記されたことも一因と考えられます。

とありました。

 

稲荷神社の神🟰狐ではないんですねえ

 

混同され出した後狐を神としてまつる稲荷社も出てきたようです。

 

稲荷とついていても、狐神だったり、

違ったりするみたいです。

参拝しているお社がウカノミタマか

狐をダイレクトに拝んでるのか

確認した方がいいかもねえ。

 

祖父母はもういないので、

祖父母宅を処分する際、

家にあったお宮やお札は

お焚き上げするために伏見稲荷大社に納めに行ったそうです。

 

母さすが。

 

エイリアン神で神様すら見下す私ですが、

それと同時に神を大事にする私もいるのですよ。

 

それは人間yukaが、母や祖母の元

見えない力を大切にしてきたからなんですね。

 

ぽつりと

ちゃんと参ってたから、こんで済んだんかもしれんなあ

と、母がこぼしました。

 

どこの家も大なり小なり問題がありますよね。

 

もっと問題少なければいいではなくて、

問題あれど、なんとかなってきたことにちゃんと感謝する。

 

私が受験の時とかも、

伏見稲荷大社の中のゆかりのある

別宮にお参りしてました。

 

第一志望は落ちたし、

3校受けて1校しか受からなかったけど、

一生の友達と出会えました。

今思うと、ちゃんと見守ってくれてたんだなあ。

 

狐と契約する気は更々ないけど、

先祖代々見守ってくれた稲荷大社にはありがとうと

時々気持ちを寄せたいと思います。

 

読んでくれてありがとう yuka💕

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました