がん患者の子どもへのメッセージ

コマンタレブー

ヒーラーのYuka Mercusです。

余命を宣告された、子どもをもつがん患者さんは、

残していく家族に対してのメッセージをどうするか。

という問題に直面されると思います。

これね・・・・

ほんと正解がない

腹をくくって残せる人もいれば、

残せない人もいると思います。

どちらも正解なんです。

残すことに苦痛を感じるならしなくていいです。

旦那さんも残しませんでした。

ただ、残しかけたけどできなかった形跡がありました。

パパはがんという病気と闘っています。

・・・

・・・

終わりー!?

これはさすがに短すぎでしょ😓

 

 

1年ごとの子どもの誕生日にビデオメッセージ

なんてハードル高いものでなくていいんです。

残された家族の立場からすると何か一言

大好きだよ、体に気を付けて好きなことを頑張れ!

これだけでもいいからあるとうれしいです。

メッセージを作成すると自分が死ぬことを認めてしまうようで

すごく抵抗があると思います。

でもね、残したいかもと余命が迫ったころには、

残す元気がないかもしれない。

使わなかったらラッキー、用意して損したよと喜べばいい。

がんでなくても人はいつ死ぬかわからないのだから。

がんによる死を意識しなくていいんです。

ありがとうの一言でもいいから。

子どもが小さいと話したことを覚えていないかもしれない。

声って意外とすぐに思い出せなくなるんです。

メッセージがあると見せることができるから。

女性より男性の方が抵抗があるとききますが、

一言でいい、メッセージを残してみませんんか。

 

読んでくれてありがとう yuka💕

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました